インクジェットプリンタ
EPSON SC-T7750DLが新発売!

水性機も大容量インクへ  インクの大容量化が溶剤プリンタの競争の中から行われてきましたが、 いよいよ水性機でも大容量化が来ました。 最新のレッドインク搭載のT7750シリーズにインク大容量タイプがひっそりと登場しておりました。  こちらのプリンタは、PS(ポストスクリプト)が不要でアドビの最新プリントエンジンが搭載されており、機械もよりオフィスマッチな見た目となり『新しさ』が見えるプリンタです。  実際に赤坂にあるエプソンのショウルームでも拝見いたしましたが、操作も簡単で画質も綺麗、これからエプソンのメイン機種と考えているのが、見受けられます。多色機でよりきれいな商品は他にもあるのですが、こちらの機種に大容量インクを付けたのは、やはりコストを気にする層やポスターを大量に印刷する分野向けだからでしょうか?  サインやポスター業界で使用されているのは10色モデルを導入している会社が多いかと思いますが、こちらはブランド系統、ファイン印刷の印刷ではなく、ショップやアミューズメント施設向けなのかもしれません。気になる大容量インクのコストですが、従来インクより約12%ほど安くなるようです。安くなるなら大容量インクでいいのでは?とも思うのですが、標準の機械より定価は高く設定されております。 標準のSC-T7750Dが74万8千円。大容量インクタイプだと109万8千円。インクが違うだけで本体価格が35万円も違いますが、結構強気な価格設定ですよね。左の表で分解して考えると大まかに月300㎡程度の印刷をするなら大容量インクの方が良いようです。 1067幅のポスター用意を月10本くらい使うなら大容量インクでも元が取れてコスト削減も可能というところでしょうか? 溶剤プリンタも同様に大容量インクの方が機械は高いが長期的にみると割安という事も考えられるので試算されてはいかがでしょうか?

Read more
補助金関係
【2023年6月/9月】小規模事業者持続化補助金 (補助上限200万円)

小規模持続化補助金とは 経営計画を作成して営業活動や生産性向上を考えている企業へ50万円から~300万円の設備補助をしてくれる補助金です。 サイン&ディスプレイや看板屋さんは製造業にあたりますので、20名以下の中小企業であれば該当します。 また、看板の設置やチラシの作成にも使える為、小売店や理容店などの取引先の販促の申請についても使えます。 サービス業では従業員5名以下を対象とした補助金となります。 補助金の金額の違いは何か? 今回の補助金は通常の補助金より増額される枠が追加されています。 まず通常枠は50万円で商品やサービスの2/3が補助されます。 例えば最も効率の良い使い方をすると、75万円の商品を購入し50万円後に戻ってきます。 また今回、賃金引上げ枠というものが追加され、地域の最低賃金より30円時給を上げることで補助額が200万円となります。 賃金引上げ枠の中でも前期赤字だった企業においては補助率が2/3から3/4となります。 通常枠 賃金引上げ枠 賃金引上げ枠(前期赤字の場合) 補助額 50万円 200万円 200万円 補助率 2/3 2/3 3/4 別途インボイス特例や創業枠などもありますが、こちらでは割愛致します。 サインや看板事業で利用できる製品・サービス 以前のコロナかでは小規模持続化補助金という名前で運転資金の給付がありましたが、今回の補助金は単純に資金が給付される訳ではありません。 あくまで設備やサービスの購入が補助されます。特にサイン&ディスプレイや看板屋さんが使う場合は以下の項目が上げられます。 機械装置 プリンタやカット機、レーザーなどの今までできなかった事や色の拡張が出来る設備の導入 広報費 自社の新サービスのチラシ作成や看板作成 ウェブサイト関連費 ホームページの作成やネット集客の仕組み作成 ※単体での申請は不可全体の4分の1まで レーザーカットやオートカットや加工の自動化で生産性を上げるか付加価値を高める施策が必要です。 今後の日程と採択までの流れ 書類の作成から申請まで大体5日程度の作業時間がかかります。 まとめ サイン&ディスプレイの業界もありとあらゆるものが値上げされてしまい、人材の問題や後継者問題、市場の成長性の鈍化など中々厳しい状況であると感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか? そのような状況を打開するきっかけとして小規模事業者持続化補助金を活用されてみてはいかがでしょうか? 当社では無料で小規模事業者持続化補助金のテンプレートをプレゼントしています。 ぜひダウンロードをしてみてください。

Read more